アメリカ映画はやっぱり面白い。『ミッドナイト・ラン』

カテゴリー 映画

アマゾン・プライムビデオで『ミッドナイト・ラン』を観ました。
シリアスなクライムものかと思って観たら、とんでもない、爆笑モノのコメディ・アクションムービーでした。

ギャングの金を横領して寄付にあてた会計士と、そのギャングからの買収を拒否して警官を辞職させられた元刑事で今はバウンティハンターのデニーロ。
ギャングを落としたいFBIの黒人刑事と、デニーロと同じバウンティハンターで会計士を追う男。
会計士を中心に、それぞれがそれぞれの思惑で動き回りながら旅をする、ロードムービーになっています。

いがみ合いながらも、デニーロと会計士の二人の距離が徐々に縮まっていくその推移が見事。決して大げさではない、けれどもあまりにもカッコいいラストシーンも最高でした。

筋も大雑把だし、アクションシーンもありきたりだし、音楽もコテコテですが、それでも痛快で感動してしまう。
これはアメリカからしか生まれえない映画ですね。とても面白かったです。

狛江在住の28歳。ライフワークはジャズとランニングと釣り。ピアノを弾きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です