横浜散歩。秋のみなとみらい・関内エリアはやっぱり最高

カテゴリー 雑記

このところ仕事が忙しすぎて季節を感じる余裕がなかったので(夏なんていつ始まっていつ終わったんだ?)、秋を体感したく横浜・みなとみらいエリアへ散歩に行きました。

みなとみらい・関内エリアは一番好きな街で月に一度は必ずくるのですが、やっぱりこの季節が一番いいですね。空が高く澄んで、街並みもくっきりとはっきりして見える気がします。
日本大通りの銀杏並木も色づき始めて、いやぁ、秋だなぁと秋を満喫。


横浜ベイスターズ(今はDeNAなのか)も今年はよかったですね。来年から応援してみようか。

買い物をしたりするわけでもなく(とはいえレコードショップでCDは買いました)、音楽を聴きながらただぼんやり散歩しただけでしたが、ほっこりしました。
散歩だけでも随分リラックスできるもんですね。
今度はカメラを持って散歩してみよう。

にしても、秋ってこんなに日が落ちるの早かったですっけ?
15時前にはもう日が陰り始めて、なんだか一日がもの凄く早く終わって行きます。
10時に起きたのが悪いんだけど、幾らなんでも17時には真っ暗っておかしいんじゃないか。
秋の夜長にって言いますけど、ほんとなんですね。28歳にして初めて知りました。

今日聴いた音楽

僕の場合、秋と言ったらポール・サイモンです。
イチョウ並木にこれ以上ぴったりな音楽が他にあったら教えてもらいたいくらい。

狛江在住の28歳。ライフワークはジャズとランニングと釣り。ピアノを弾きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です