黄桜のクラフトビール ラッキードッグ&キャット美味しかったです

カテゴリー お酒

活況のクラフトビール業界に京都の酒蔵が参入

金曜の夜、行きつけの酒屋さんに寄ったら、可愛い犬と猫のイラストがデザインされた見慣れない銘柄が。

黄桜のクラフトビール2本

手に取ってみると、「kizakura」の文字が
kizakuraっていえば、CMなんかでよく見かける日本酒のあの「黄桜」かしら。黄桜がビールを作っていたなんてびっくり。それも僕の好きなエール。思わず2本衝動買いしてしまいました。

ちょっと調べてみると、こちらは新商品みたいですね。どうりでまだ見かけたことなかったわけだ。黄桜のホームページによると日本酒にも使用している伏見のお水「伏水」を使用したビールで、専用のビール工場を開設し生産を始めたとのこと。
ラッキードッグくんの方がペールエール、ラッキーキャットくんの方がホワイトエール。まず犬くんから飲んでみました。

ラッキードッグは泡の濃い苦味強いペールエール

肝心のお味ですが、その前に、注いでからの泡が笑ってしまうくらい凄い。

ラッキードッグ麦酒の泡

ペールエールってあんまり泡たたないんですが(バス・ペールエールなんてほぼゼロですよね)、これはとことん(?)たちます。写真は注いでから結構時間経っていますがまだこの泡です。ここでまず差別化しているようです。
僕はあまり泡が好きではないので、、、まぁ嫌いでもないからいいんですけど。

お味は少し苦味が強めのペールエール。バスより苦いです。
ラッキードッグの黄金色

お次に猫くん。
ラッキーキャットは琥珀色

こちらはフルーティで軽い口当たり。とっても美味しい。今まで飲んだホワイトエールの中では一番かも。

美味しいし可愛いし、これは売れるのでは

「京都の酒蔵×クラフトビール×アメリカンテイストな可愛いデザイン」というこの戦略は斬新ですね。味も良いし、クラフトビールは今後ますます伸びていくでしょうから、これは売れるんじゃないでしょうか。いったい誰がプロデュースしたのか、気になリます。

amazonでも取り扱い始まっていますね。

ジャズ・ファンにはお馴染みのライオンくんと。

狛江在住の28歳。ライフワークはジャズとランニングと釣り。ピアノを弾きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です