Amazonで「KATOMOKU」の時計を買いました

カテゴリー 雑記

あれば便利だけど、なくても困りはしないものってありますよね。
僕にとっては電子レンジって、なくても生活に困らないので(食事はその日暮らしだし、冷凍食品は嫌いだし)、持っていません。あれば便利だろうけど、なくても困ることは一度もありません。「信じられない」という方もおられるのでしょうけど。

テレビも普段は全然観ないので持っていなかったのですが、年末大晦日のガキの使いは観るのが習慣になっているので、実家の余り物をもらってきました。まぁ今はYoutubeでリアルタイム配信とかやってるので「なくても困りはしない」のですが、あればあったで便利ですね。

現代人にとっては、「時計」もそんな「なくても困りはしないもの」ではないでしょうか。
時間なんて、水道の蛇口をひねれば出てくる水と同じで、スマホやPCをひらけばいやでも目に飛び込んでくるわけですから、一人暮らしを始めるにあたって「買わなくていいもの」リストの最有力となり、以来1年間、スマホの時計でごまかしながら生活を送ってきました。
ただ時計に関しては、「あっても別段便利ではないけど、ないとちょっと不便」なものだということが徐々に判明しました。学校の教室であれ、バイト先の店内であれ、ふと見上げればそこには常に時計がある環境で暮らしてきて、いざ一つも時計がない環境になると、なんだか明日履く靴がなくなってしまったような、ふとそんな気分になることがあります。時間の進み方がものすごく不規則になったり。嘘みたいだけど本当の話です。

そういう揺らぎに満ちた不規則な生活もそれはそれでありなのですが、僕はどっちかというと生真面目なたちなので、時計に合わせて1日を動かしていく方が向いているらしいです。これは時計をなくしてみて初めて気がついた発見でした。
そんなわけで一人暮らしも一年が過ぎた記念に(?)時計を買いました。

はじめは3000円くらいのでいいかと思っていたのですが、シンプルでかわいいデザインに惹かれこちらを買いました。
加藤木工株式会社という岐阜県の会社が作っている電波時計。
文字盤もかわいく、白と黒の色目も穏やかで気に入りました。

時計がある部屋というのは、なかなかいいものです。
生活のなかに錨が降りたような、そんな気がしておリます。


サイズ比較のためにレコードと。どうでもいいけどちょいレア盤です。

狛江在住の28歳。ライフワークはジャズとランニングと釣り。ピアノを弾きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です